読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんな漢の独り言

釣り大好きオヤジです。シロギス、アマダイ、ホウボウ釣りが大好きです

LTアジ(?)

今回の釣りは・・・・仕立て船のLTアジです

そう、久しぶり ?? の游漁船です

 


でもね、まさかの天気予報が大当たりですよ

 

そう、大嵐でした(泣)

 

もちろん、出船は中止です

 

 

 

 

でもね、身も心も準備完了です

しょうがないので、翌日に弁天屋さんからLTアジに出船です

  

「嵐の翌日は釣れる」、と勝手な思い込みを抱き乗船します

 

 

この船宿、すごくお気に入りで、座布団や手拭き用のタオルが準備されています

 


前日は嵐のため、全船の出船を見合わせていたせいか、本日は大人気です

両舷10人と大賑わいです

 

 

 

 

7:30 出船です

 

 

 

いざポイントに着くと船団ができています

アジのポイントがそんなに広くないのでしょうね

 

f:id:meru_200z:20160628193157j:plain

 

f:id:meru_200z:20160628193215j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

「どうぞ、水深24m、底から2.5mから3mを探ってね」
船長からの投入許可です

 

 

 

が、ここからがすべての始まりでした

 

 

 

 

 

そう、サバです

いや、大サバです

いやいや、特大サバです

 

 

40㎝を超える特大のサバが船内のいたる所で上がっています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでひとつ、

 

 


満員御礼とかけて

 

特大なサバの入れ食いととく

 

 

そのこころは

 

 

 

 

 


盛大な、お祭りです

 

 

 

 

 

 

 

 


隣の紳士は、1投入するたびに祭っいるうえ、仕掛けを切られてました

 

後ろの戦士は、なぜか怒っていました

 

 

 

 

まさに戦場です

 

 

 

 

 

おじさんもサバ祭りに参戦しましたよ

 

 

 


でもね・・・・・・

横からみると棍棒にしか見えないサバを数釣っても、食べきれません

途中からサバは原則リリースです

 

 

 

しかし、サバの猛攻は止まりません

 

 


まるで桃太郎侍に切られる浪人のごとく、増殖中です

 

 

 


船長もあきれてしまい、流しを変更です

 

 

 

 


この変更が良かった(嬉)


次の流しでは、アジの魚群に当たります

 

 

が、15分ほどでフィーバ終了です

 


その後は何度も流しを変えても、サバ祭り・・・・・・・

その後は片口イワシ祭りも始まります

 

 

 

目視にてイワシを追って、サバが狂喜乱舞が・・・・・・・

 

 

 

 

3人ほど先のナイスな紳士は、なぜかヒラメ(ソゲ)を釣っています

 

 

 

 

 

えっと、LTアジだよね、この船

 

心の中で叫ばずにはいられません

 

 

 

 

 

 

 

結局、終始この状態が続き、船長のご厚意もあり若干の時間延長もありましたが、LTアジ船らしくない結果で終了です

 

 

 

 

 

寄港のさい、船長から本日最大の衝撃を受けます !!

 

 

 

 


そう、本日は渋かった。先日の雨と風で思ってた以上に海水が澄んでしまったとの事

 


船長「え~本日はお疲れ様でした。渋かったね~。竿頭は右舷ミヨシの40匹です」

 

おお、さすが、と関心した次の瞬間

 

 

 

 

船長「お姉さん、サバは何匹釣れた」

船長「8匹です」

船長「そう、今日のサバ頭はお姉さんだよ」

 

 

 

ん、

 

 

 


小さな声でのやり取りなので、聞き間違えた・・・・かな・・・・・

 

 

 

船長、マイクを使って、「本日のサバ頭は左舷のお姉さんです」

 

 

 


え、ええ~(汗)

「サバ頭」ですか

 

 

 

新しく、予想もできない言葉が登場です

 

 

 

 

やっぱりですが、


えっと、LTアジだよね、この船

心の中で叫ばずにはいられません

 


結果として、

f:id:meru_200z:20160628193900j:plain

アジ ×8

特大サバ 持ち帰り×4(結構なリリース数あり、強制リリース多数あり)


でした

 

 

 

 


今度、同じシチュエーションになったら、

 

 

「俺は、サバ王になる」by one-piece

 

 

 

と叫んで良いよね。きっと・・・・・・・