読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんな漢の独り言

釣り大好きオヤジです。シロギス、アマダイ、ホウボウ釣りが大好きです

冬眠延長

前回の出船にて海上でエンジンが停止してしまったので、メンテナンスを行います

 

f:id:meru_200z:20170206091056j:plain

 

4年ほど使用していますが、オイル交換以外は初めてのメンテナンスです

 

 

 

早速ですが、キャブレターを外します

アクセルワイヤー、チョーク、ガソリンホースを外します

 

本体はボルト2本で止まっていますので、簡単に外せます

 

f:id:meru_200z:20170206091556j:plain

 

 

フロート室を分解してみると、

f:id:meru_200z:20170206091816j:plain

 

f:id:meru_200z:20170206091825j:plain

 

キッタネ~

しかも、メインジェットが詰まっています

 

すべて掃除して、組み込みます

 

 

作業完了後、バケツに水を張り、エンジン始動です

 

キャブレター内にガソリンが溜まるまで、スターターロープを引きます

 

数回でエンジンがかかりました

 

が、

 

チョークを引いている状況では、エンジンは止まりませんが、戻すと止まります

 

アイドリングが安定しない状況になりました

 

 

ネットにて調べてみると、専門業者のブログに情報がありました

 

スズキのエンジン(キャブレター)の独特の症状らしく、改善方法はパイロットスクリューを1回転緩めるとのことでした

 

しかし、DF2のキャブレターのパイロットスクリューは封印されているため、ドリルなどで少し削って回す必要があるとのことです

 

素人にそんなことができるわけありませんので、修理業者行きが決定です

 

 

と、いう訳で冬眠延長です

 

ああ、ボートを出したいですね