そんな漢の独り言

釣り大好きオヤジです。シロギス、アマダイ、ホウボウ釣りが大好きです

新しい発見

今回は久しぶりの場所からの出船です

izaさん、NEKOさん親子とご一緒させてただきました

 

 


駐車場にて準備をしていると、NEKOさん艇に問題発生との事
ボートを見させてもらったら、「シュー」と音とともに空気漏れがありました

 


撤退しますとの事でしたが、折角なので2艇に分かれて乗船して頂きました

 

 

 

いざ出船と思いましたが、風が強い・・・・・

船を出すと波がうねっています


何とか沖まで出ましたが、目指すポイントへは近寄れず・・・・・・・
結構な浅場にて釣りを開始です

とりあえず、シロギス狙いで竿を出しますが、あたりがありません

何投か後に小さな当たりがありますが、のりません

餌のアオイソメは噛られますが、あたりは感じられない状況でした


ここで、NEKOさの息子さんが初の魚を釣り上げます

 

シロギス仕掛けでアジでした

 


ここから、全員でサビキ仕掛けに変更して、アジ狙い開始です


ポツラポツラとアジとイワシをヒットさせていると、付近の漁港からの遊漁船の出勤ラッシュになり、魚が散ってしまったせいか、あたりが遠のきます


また、移動を行い、サビキ釣り開始です

ここで、NEKOさん
イワシを大爆釣です

自分はイワシ1尾に対して、NEKOさんは6本鈎にパーフェクトです

さらに、そんな中でもアジを追加しています

隣の自分は全くあたりません

しかし、NEKOさんはヒイラギも釣りはじめます

 

ここで一発狙いにマゴチ狙いに変更し、ジグヘッドワームに切り替えます


と、いきなり当たりがあります・・・・・・・が乗りません

 

調子にのり、ひたすら投げます

 

 

投げます

 

 

投げます

 

 

 

 


結局当たりさえなく、海上に白波が立ち始めたので、終了です

 

 

 

 

 


ここで新発見です

以前に家族を乗せて海上にでた事があります
しかし、ほぼ凪の状態でも、ボートの先端が波に刺さり、海水が大量に入ってしまった記憶があります

今回はボートに乗りなれた方の乗船なので、白波が立つ状況で、波に先端が刺さりません

仲間内では一番小さい8フィートのボートですが、ボートに乗りなれた人とのタンデムは以外にも楽でした
狭さも思ったより感じません

 

 

 

結構、驚きでしたよ

 

 

 

 

 

本日の釣果は、

アジ(ジンタ) ×2でNEKOさんにドナドナです

 

 

 

リリース

ヒトデ
(かなり竿が曲がったので、何かを期待してのですが・・・・・・)

 

 

 

と、言うことで、今回も写真がありません

 

 

 


夢を心に写して、次回に期待です

広告を非表示にする